· 

F-15J改とその先 6

F-15J近代化改修機形態Ⅱ型では、電子戦環境下での能力向上のため、統合電子戦システム(IEWS)が導入される。

またチャフ/フレア・ディスペンサーをAN/ALE-45からIEWSに統合可能なALE-47に換装される。

また、赤外線捜索追跡装置(IRST)も試改修1号機に搭載改修作業がなされている。

2003年度から「戦闘機搭載用IRST装置」の開発が技術研究本部で始まり、2008年度までに技術・実用試験が完了した。

IRSTはパッシブ赤外線センサーで、電子戦環境下にも強く、ステルス機にも対応が期待されている。