· 

現代日本の安全保障とマス・メディア11

第4章 1976年 旧・防衛計画の大綱における防衛力 海上自衛隊1

 

シー・レーン防衛の中心として、機動運用にあたる護衛艦部隊には4個護衛艦群が当てられている。1個護衛隊群には8隻の護衛艦と8機の対潜哨戒ヘリコプターが配備され、海上防衛の主力である。1996年、こんごう級イージス護衛艦3番艦DDG-175「みょうこう」の竣工によって完成した。

 

護衛艦隊(神奈川県・横須賀基地)のもとに第1護衛隊群(横須賀基地)、第2護衛隊群(長崎県・佐世保基地)、第3護衛隊群(京都府・舞鶴基地)、第4護衛隊群(広島県・呉基地)がおかれている。

 

旗艦として、対潜哨戒ヘリコプター搭載護衛艦DDH141「はるな」(1970年起工、1973年竣工)、DDH142「ひえい」(1972年起工、1974年竣工)、DDH143「しらね」(1978年起工、1980年竣工)、DDH144「くらま」(1979年竣工、1981年竣工)があたっていた。

 

DDHはるな級対潜ヘリコプター搭載護衛艦は基準排水量5200トン、満載排水量7200トンで蒸気タービン推進、Mk42 127mm砲2門、Mk29発射機にRIM-7シー・スパロー短距離艦対空ミサイル(ポイント・ディフェンス:個艦防空)8発、Mk15ファランクス20mmバルカン機関砲近接防御武器システム2基、Mk112アスロック(対潜ロケット)発射機にMk46魚雷搭載対潜ロケットを8発、68式三連装短魚雷発射機2基、Mk141発射機にRGM-84ハープーン艦対艦ミサイルを8発などが主な兵装である。対潜戦には対潜哨戒ヘリコプター3機搭載でこれにあたった。

 

DDH143「しらね」を1番艦とするしらね級ヘリコプター搭載護衛艦もはるな級ヘリコプター搭載護衛艦に準じる能力である。対潜能力とともに、個艦防空も充実した艦船である。特に対潜哨戒ヘリコプターを3機搭載することで、対潜水艦戦に秀でている。そして、護衛隊群の対潜哨戒ヘリコプターの母艦に準ずる機能を有しており、電子機器なども逐次更新され、第一線の護衛艦として遜色の無い物となっていた。