· 

現代日本の安全保障とマス・メディア62ロシア空軍

第6節 東アジア各国の戦力 ロシア軍   1995年-2017年5

 

 

ロシアの航空戦力は、空軍、防空軍、海軍であったが、防空軍は空軍に吸収された。

 

最盛期の1980年代中盤と比較して、半数以下の大幅な減少である。

 

主力は

 

スホーイSu-27戦闘機、

 

スホーイSu-30戦闘爆撃機、

 

ミコヤンMiG-31戦闘機(初飛行1979年、自重21825kg、運用重量41000kg、推力151,9kN×2)、

 

ミコヤンMiG-29戦闘機(初飛行1977年、自重8175kg、推力81,4kN×2)

 

など、第4世代機が大部分を占める。

 

ミコヤンMiG-29戦闘機 220機

 

コヤンMiG-31戦闘機 240機

 

スホーイSu-27戦闘機 159機

 

スホーイSu-30戦闘爆撃機 不明

 

スホーイSu-35戦闘爆撃機 不明

 

スホーイSu-34戦闘爆撃機 少数

 

スホーイSu-24戦闘爆撃機 413機

 

スホーイSu-25攻撃機 202機

 

ISR(情報収集)機192機

 

輸送機 523機

 

ツポレフTu-22M-3バック・ファイアー爆撃機 66機、

 

ツポレフTu-95ベア爆撃機 71機

 

ツポレフTu-160ブラックジャック爆撃機 17機

 

である。