· 

現代日本の安全保障とマス・メディア106日本の生物化学兵器対処

中央特殊武器防護隊は第101特殊武器防護隊として2007年3月28日に埼玉県大宮駐屯地で発足した。

 

2008年3月26日に中央特殊武器防護隊に名称変更している。

 

 基になったのは第101化学防護隊である。

 

中央特殊武器防護隊は

 

本部管理中隊と第102特殊武器防護隊と第103特殊武器防護隊

 

を隷下に置く。

 
 

 

装備は

 

化学防護車(82式指揮通信車ベース)、

 

除染車、

 

生物偵察車、

 

防護マスク4型、

 

化学防護衣4型、

 

ス検知器2型、

 

CR警報機、

 

化学剤検知器、

 

線量計3型

 

などである。