· 

現代日本の安全保障とマス・メディア128発行部数1997

第1章 マス・メディアにおける論議

 

第1節 マス・メディアの状況

 

 1990年代後半のマス・メディアを広告費で検証する。

 

1990年代後半の総広告費の平均は、5兆9901億円である。

 

そのうち、

 

新聞が1兆2636億円、

 

雑誌が4395億円、

 

ラジオが2247億円、

 

テレビが2兆79億円、

 

となっている。(注1)

 
 

 

 新聞の1997年における状況を検証してみる。日本ABC協会による公差レポートによる公差部数では、1997年の平均で

 

第1位が読売新聞で1020万部、

 

第2位が朝日新聞で832万部、

 

第3位が毎日新聞で396万部、

 

第4位が日本経済新聞で299万部、

 

第5位が産経新聞で194万部、

 

第6位が北海道新聞で121万部、

 

第7位が西日本新聞で85万部

 

となっている。(注2)

 

 

また、日本ABC協会から脱退した中日新聞は公称254万部となっている。