· 

現代日本の安全保障とマス・メディア168朝日新聞1995主張2

朝日新聞 1995年の主張2

 

 

 

 

1995年11月30日の社説「新大綱は時代に耐えられるか」(注8)で、

 

新大綱による自衛隊の削減傾向を

 

「不十分」

 

と指摘しながら、

 

「防衛費の削減に結び付けなければならない」

 

と主張している。

 

地域の不安定化を防ぐには

 

「日本が非核三原則や武器禁輸原則を厳格に貫き、さらに紛争の予防や信頼醸成に貢献する決意を明確にすること」

 

と、ひとりよがりかつ、あいまいなものに終わっている。

 

日本のおかれた情勢を認識しているのか疑問である。