· 

現代日本の安全保障とマス・メディア188朝日新聞2003

朝日新聞 2003年の主張

 

 

 

 

2003年2月5日朝刊の社説、

「軍事費突出を憂う 米国予算」において、

「今回の04年度予算案でも、国防費は4,4%、国防費を除く米本土の安全保障費は7,6%増加させるという。あまりにもぬきんでた軍事力を持つと、国際的な協調や外交での解決軽視につながりかねない」

アメリカの軍事費だけを主張、中国やロシアに関しては口をつぐんでいる。(注30)

 

 

 

 

2003年3月29日朝刊の社説では「専守防衛に徹せよ 偵察衛星」という的外れな主張を展開している。(注31)