· 

現代日本の安全保障とマス・メディア208朝日新聞2009主張2

朝日新聞 2009年の主張2

 

 

 2009年10月26日朝刊の社説、「東アジア 共同体をともに磨こう」において、

 

「その姿はまだ見えないが、欧州連合(EU)とは別の道をたどることは共通理解と言えるのではないか。」

 

と主張、

 

自由と民主主義を追求するEUとは異なる、独裁を是認するアジアを認めている。(注49)

 

 

 

 

 

 2009年12月10日朝刊の社説、「普天間問題 日米関係の危機にするな」において、

 

「日米関係の基盤は安保条約であり、日本が基地を提供するのは不可欠の要件である。」

 

と主張している。

 

しかしその割には合意があった普天間基地移転をこじらせた鳩山政権には一切言及がなく、

 

朝日新聞の今までの反米姿勢に対して反省がまったくない。(注50)