· 

現代日本の安全保障とマス・メディア223日本経済新聞2000/2001

日本経済新聞 2000年の主張

 

 

 

 2000年3月8日朝刊の社説で、「中国の軍備拡大への疑問」と題し、

 

「日本からの対中援助に疑問の声が起こらないようにしてもらいたい。」

 

と、

日本として当然のことを主張している。(注12)

 

 

 

 

 

 

日本経済新聞 2001年の主張

 

 

 

 2001年3月18日朝刊の社説、「中国人民解放軍の透明度向上を」において、

 

「隣国としては懸念を抱かざるを得ない」

 

と主張している。(注13)

 

 

 

2001年9月4日朝刊の社説、「米の対中核政策見直しに反対する」において、

 

「中国のIRBMの射程内にある日本は、その近代化に安閑とはしてられない。MDに対する理解と引き換えに、中国の核戦力を認める。米の対中核政策見直しに反対する。」

 

と、

日本への核の脅しと、それと取引するアメリカを批判している。(注14)

 

 

 

 

 

2001年12月24日朝刊の社説、「海の警備には強い対応も選択肢に」において、

 

「国際犯罪に対応するには毅然とした手段を選択肢にいれるべき」

 

と主張している。(注15)