· 

現代日本の安全保障とマス・メディア243功刀達郎・国際基督教大学教授

功刀達郎・国際基督教大学教授の主張

 

 

 

 1993年12月21日の読売新聞「論点」において、

 

「国際協力省を望む」と題し、

 

 

「国連の平和と安全保障機能への協力を自衛隊と別組織で行ったり、軍縮や平和創出のための資金協力を行うためには、防衛費1%(防衛費が対GNP比1%である現状)の半分をこれに充当しうるのではないか。」

 

と論じている。

 

防衛費を半減して、軍縮と平和を可能にすると言うのは実現不可能な妄想に過ぎない。(注20)