· 

現代日本の安全保障とマス・メディア249新井弘一杏林大学教授/外務省情報調査局長

新井弘一氏の主張

 

 

 新井弘一・杏林大学教授(元外務省情報調査局長、元ソ連公使、元東ドイツ大使)は

 

2002年9月12日の読売新聞朝刊で「戦略ある外交、再生の道は」と題し、

 

「わが国では外交、国防の知識は政治家になる必要条件となっていない。官僚側が『政治主導』に甘んじて、プロ集団としての自覚と使命感を放棄し、時の政治家に迎合して自己防衛をはかるとしたら、双方共倒れとなり、日本には明日はないだろう。」、

 

「外務省に求められるのは信頼の回復だが、そのためには高いモラルとともに機略豊かな外交戦略を磨き、国益にこたえなければならない。」、

 

「政治も、また国民の意識も経済唯一主義につかった積年の惰性から脱皮し、外交に目を開かなければならない。」

 

と主張している。(注49)