· 

現代日本の安全保障とマス・メディア254岡部達味・専修大教授

岡部達味・専修大学法学部教授、東京都立大学名誉教授の主張

 

 

 岡部達味氏は1997年8月27日の読売新聞朝刊で「協調的安全保障と日中外交」と題し、

 

「中国を封じ込めてだれにも利益になることもなければ、それをする能力もない。冷戦的な観点を否定して新たな望ましい方向へ行く以外には、この地域の平和と安定はないのである。」

 

と主張している。

 

冷戦的な観点でもある中国の軍事、外交の拡張主義がおざなりにされている。(注41)