· 

現代日本の安全保障とマス・メディア271栗山尚一・外務事務次官

栗山尚一氏の主張

 

 

 栗山尚一(元外務省事務次官)氏は、2003年5月29日の読売新聞朝刊において、

 

 

「憲法9条と常識、両立探れ」と題し、

 

「改憲論者ではない。しかし、政府の憲法解釈は、わが国が自らの安全を確保し、世界平和に貢献していく上で大きな障害になっている。」

 

 

 

と主張している。(注51)