ドラマブログ

ドラマブログ · 01日 1月 2018
西部警察PART3 84年新春スペシャル
ドラマブログ · 11日 12月 2017
大都会PART3 反逆の殺し屋 渡哲也 寺尾聡   星正人 小野武彦  峰竜太 高品格   高城淳一 成瀬正 香山浩介 藤山浩二 新井一夫 クロキ・プロ グループ十二騎会 三石千尋とマイク・スタントマン・チーム 石原裕次郎 脚本 和久田正明 監督 渡辺拓也 協力 日産自動車 制作 石原裕次郎 弱小サラ金・東南商事を襲撃したチンピラ2人と情婦。8000万円もあった。 チンピラ1人と情婦はすぐに逮捕され、城西警察署に連行されるが城西警察署玄関で眉間にライフルの弾丸を撃ち込まれ死亡する。 さらに、もう一人のチンピラの前に殺し屋が現れ殺されそうになるが、警察の保護を受ける。 警察に護送されるチンピラ。日産セドリック230後期型スタンダードの白黒パトカーと覆面パトカーで万全の警護だったが、殺し屋が大型トラックで襲撃して来て、チンピラはころされてしまう。 東南商事は堅気だったが、博打で知り合った暴力団からの負債がかさみ、暴力団のフロント企業、隠し金庫になっていた。 暴力団が雇ったのは長柄というストイックな殺し屋だった。 警察が長柄の
ドラマブログ · 09日 12月 2017
渡哲也 寺尾聡 峰竜太 藤岡重慶 苅谷俊介 御木裕 佐原健二 武藤章生/小野田かずえ 山根久幸/柿沼大介/戸田浩二 深見博/椎谷健二/壇喧太/谷口芳昭 クロキ・プロ/グループ12騎会 三石千尋とマイク・スタントマン・チーム 石原裕次郎 脚本 新井光 監督 長谷部安春 協力 日産自動車 制作 石原裕次郎 渋谷行きの城西交通のバスがジャックされた。各移動は現場に急行、バスを止めようとする。リキの乗る230スタンダード日産セドリック、ゲンの乗る230後期GX日産セドリックがバスに体当たりして止めようとする。230前期DX日産グロリア白パトがバスから銃撃を受け横転。 西部署に電話がかかってくる。バスには大気速度計による風圧爆弾が設置されており、時速0KMになると爆発するという。一兵が写真を撮り国立が解析したところそれらしきものはなかった。ダンプからバスに乗り移ったジョーが見たのは、人質に大門の妹、明子がいた。 バスを止めようと330後期GL日産グロリア白パト、リキの日産セドリックが前方を塞ぎ体当たり、バスは空き地
ドラマブログ · 03日 12月 2017
大都会PART3 自動車泥棒 渡哲也 寺尾聡    星正人 小野武彦   峰竜太 高品格    高城淳一 中西良太 中村好男  奥村公延 栗田よう子  榎木兵衛 荻原紀 クロキ・プロ グループ十二騎会 三石千尋と マイク・スタントマン・チーム 石原裕次郎 脚本 金子成人 監督 櫻井一孝 協力 日産自動車 制作 石原裕次郎 牧野刑事と虎田刑事は黒の覆面パトカー日産セドリック330後期型で犯人を待っていた。 犯人に気づかれ、逃走されたので追跡し格闘の末、犯人逮捕。 覆面パトカーに戻ったが、覆面パトカーが消えていた。盗難されたのだった。 覆面パトカー窃盗犯は色をシルバーに塗り替え、売るのを止めにして乗り回す。 空港に急ぐ女性を回転燈とサイレンをつけ送ってやる。 いい気になっていたが暴走族に襲われボコボコにされる窃盗犯。 日本に嫌気がさし、カナダ行きを狙う。 そのためにはひとり20万円が必要だった。
ドラマブログ · 27日 11月 2017
探偵物語    暴走儀式 松田優作 竹田かほり 山西道広 ナンシー・チェニー 成田三樹夫 八城夏子 近藤宏 片桐竜次 加藤大樹 高品正広 影山英俊 香山浩介  三石千尋とマイク・スタントマン・チーム 脚本 中島紘介 監督 長谷部安春 協力 ジャパン・ベスパ キャラバン 紳士服エフワン 提供 大正製薬 ブルボン MAZDA シャープ 製作 東映芸能ビデオ 工藤探偵は自動車修理工場の岡島から家出をした弟の進の捜索の依頼を受ける。 工藤探偵はディスコで進が所属していた暴走族・疾風のメンバー恵美に居場所を聞くが掴めなかった。 同じく疾風のメンバーでロック歌手になった高志の所を訪ねると、薔薇の印の付いたバイクが置いてあった。 高志は殺されていた。殺人容疑で指名手配される工藤探偵。工藤探偵は恵美とともに進を探す。
ドラマブログ · 15日 11月 2017
悪魔が笛を吹いているイラスト、なんとも味のある悪魔の絵である。 気味悪さと滑稽さを醸しだしている。 椿英輔が作曲したとされている「悪魔が来りて笛を吹く」という曲も良くできている。沖雅也が演じる三島東太郎の行動、椿・新宮、両家の因縁を感じさせる。 長門裕之が演じる新宮利彦、よくもああまで狂った人間を思いつくものである。しかし長門裕之の演じる人間のクズは天下一品である。近親相姦、嫌味、嘘、策略とあの表情が直結している様は長門裕之の陰にぴったりである。蒲生警視のような人情派もいいがこういう外道もいい。 加藤嘉は玉虫公丸を演じているが、こういう嫌な役も似合う。タキシードを着て像で殴られる時の表情が間抜けでいい。中央流砂でのフィクサー役も生々しい悪役であった。不毛地帯での原田航空幕僚長は、モデルとなった源田航空幕僚長に結構似ていて笑えた。 草笛光子は今回の役や、映画「獄門島」での役のような、どこか浮世離れしたところも結構はまっている。
ドラマブログ · 15日 11月 2017
昭和22年1月15日。銀座の宝石店・天銀堂に東京都衛生局を名乗る人間が来て、付近で集団赤痢が発生したから予防薬を飲んでほしいと言った。予防薬という液体を飲んだ天銀堂の店員は血を吐き、もがき苦しみ、そのすきに東京都衛生局を名乗る人間は宝石を奪っていった。液体は青酸カリだった。 昭和22年2月20日、新聞に天銀堂事件の犯人のモンタージュ写真が載る。その顔は元・子爵の作曲家・椿英輔そっくりだった。椿英輔の義理の伯父で元・伯爵、貴族院のドンと言われた玉虫公丸は激怒、椿英輔を責め立てる。 椿英輔は性的不能で、妻・秌子とは不仲だった。椿英輔は1月15日には箱根・芦の湯に行っていたという。 警視庁捜査1課に密告状が届く。椿英輔が犯人だと言う。椿英輔を取り調べる日和警部、等々力警部、出川刑事。椿英輔は箱根には行ってなかった。椿英輔は須磨の三春園にいた、と言うが絶対に理由は言えないという。 椿英輔は妻・秌子と娘・美禰子、妻の兄・新宮利彦とその妻・華子と息子・和彦、伯父・玉虫公丸とその愛人・菊江、医師の目賀博士、女中の種、信乃、小間使い的な書生・三島東太郎、と屋敷に暮らしていた。
ドラマブログ · 15日 11月 2017
企画 毎日放送 角川春樹事務所 原作 横溝正史 草笛光子 江原真二郎 壇ふみ 星正人 中山麻理 岩崎加根子 加藤嘉 長門勇 森次晃嗣 観世栄夫 早川保 原泉 野村昭子 児島美ゆき 長門裕之  沖雅也 古谷一行 プロデューサー 青木民男 滝沢健夫 新野悟 脚本 石森史郎 音楽 中村八大 撮影 片岡二郎     助監督 小池要之助   協力 国際放映 主題歌 「まぼろしの人」茶木みやこ 監督 鈴木英夫 製作 毎日放送 東宝株式会社

さらに表示する