立憲民主党の福山哲郎は、安全保障関連法案に反対の立場だが、


対案について聞かれた時、



「違憲のものに対案は必要ない!」



と叫んだ。



どうしようもないアホ、政治家失格である。



こんなのが主軸の立憲民主党の未来は暗い。