· 

日本赤軍 3

日本赤軍はPFLP、PFLP-SOGとの連携後、



その過激な行動が嫌われ袂を分かち、


より過激なPFLP-GC(パレスチナ解放人民戦線・総司令部派)と連携した。



PFLP-GCのリーダー、アハマド・ジブリルは


シリア陸軍情報部出身の完全なシリアの傀儡であった。



シリアにはソ連の軍事顧問団が鎮座し、テロ戦術、特殊作戦戦術を教えられていた。




ソ連の戦略の一環としての国際テロが展開されていった