· 

合衆国空軍F-15 2

177機はレーダーをアクティブ電子スキャンド・アレイ・レーダーのAN/APG-63(V)3に換装し、AIM-120C/D空対空ミサイル、AIM-9X空対空ミサイルを運用可能にした「ゴールデン・イーグル」として合衆国空軍の一線級部隊として2020年代まで現役に残り、F-22Aラプター戦闘機とともに制空任務に就く予定である。

電子戦システムは戦術電子戦システム(TEWS)からEPAWSS(イーグル・パッシヴ・アクティヴ警戒生存性システム)に換装されることが決まった。