· 

反日キッシンジャー 1

1969年から1976年まで、ニクソン・フォード政権において大統領補佐官や国務長官をつとめ、ハーバード大学の教授でもあり、アメリカ政界、学界、財界のみならず、全世界に影響を行使しえるドイツ出身のユダヤ教徒であるヘンリー・キッシンジャー氏。

コンドリーザ・ライス元国務長官が親北朝鮮、親中国外交を推進したのもキッシンジャー氏の全面的なアドバイスに盲従したためである。


キッシンジャー氏は1997年8月25日の読売新聞「地球を読む」において、「米中関係 共存の道探る好機」と題し、

そこで「少なくとも今後十年間、日本の軍備はますます恐るべきものとなろう。」

と国際政治学者にしては的外れな見解を表明した後、

「さらに、北京の立案者たちは、インドや韓国、ロシア、ベトナム、さらに台湾の軍事能力を無視することはできない。」、

「中国にとって米国と日本の関係は、依然として懸念のもとである。」

と、中国の立場のみを強調している。