· 

さんまvsたけし

明石家さんまの付き人で、たけし軍団の若手ホープ、松尾伴内も54歳になってしまった。 

 

 

景山民夫が「鶴ちゃん、文珍、松尾」と推していた80年代のホープである。 

 

 

片岡鶴太郎はお笑いから離れ、文珍は独特の地位を確保、 

 

 

しかし松尾伴内は東京の狭いアパートに一人住まいである。 

 

 

嫁は双子の息子をつれ新潟にいる。 

 

 

19坪の家をローンで建てたのに、である。 

 

 

ラッシャーも旅サラダくらいである。 

 

 

最近、松尾伴内のギャグ 

 

「ブルー、スカイ、ブルー」 

 

「お求めやすいお値段です」 

 

「男女兼用でございます」 

 

「七分袖です」 

 

が飽きられてきている。 

 

 

50を迎えて正念場の松尾伴内である。