· 

麻生政権と安全保障政策2

新しい日本の安全保障戦略1

 

 

 

 

報告書の第1章では、

 

日本の新しい安全保障戦略構築の前提となる情勢はグローバル化と相互依存の深化のため、主要国間関係は安定し、大規模紛争の蓋然性は低下したとする一方で、

 

国際テロ、

 

大量破壊兵器の拡散、

 

海賊などのトランスナショナルな問題

 

が増加していると主張している。

 

 

そうした情勢を受け、

 

日本の安全の確保、

 

世界で活動する日本人の安全、

 

経済活動や移動の自由の保障、

 

世界の安定

 

を目指すべきとしている。

 

 

 

問題解決方法として、

 

今まではアメリカが国際公共空間をコントロールしてきたがその影響力の低下の可能性も鑑み、協調的国際システム維持のため新興国のシステム参加、主要国の問題解決のための行動

 

を求めている。