· 

初ステルスF-117戦闘爆撃機1

1974年、合衆国空軍はステルスの実用化に乗り出した。

 

合衆国空軍はロッキードとノースロップにステルス航空機を開発するよう命じた。

 

1977年、ロッキードは「ハヴ・ブルー」を、ノースロップは「タシット・ブルー」を開発した。

 

ロッキード「ハヴ・ブルー」はF-117A戦闘爆撃機に近く、

 

ノースロップ「タシット・ブルー」はB-2A爆撃機に似ている。

 

1978年、合衆国空軍はロッキードに実用型の戦闘爆撃機開発を命じた。