· 

初ステルスF-117戦闘爆撃機3

操縦系にはフライ・バイ・ワイヤが採用された。

 

従来は操縦桿と油圧アクチュエーターをメカニカル・リンクでつないでいた。

 

フライ・バイ・ワイヤは、操縦桿に加えられた力を電気信号に置き換え、油圧アクチュエーターを動かす。

適宜、コンピューターがサポートし、最適な値を指示する。

 

「ハヴ・ブルー」ー「シニア・トレンド」はステルス性を重視したデザインのため、空力は軽視された飛行には向かないものであった。あまりにも飛行に不適なそのデザインはホープレス・ダイアモンドと呼ばれていた。

 

フライ・バイ・ワイヤの採用により飛行不適なデザインの機体をコンピューターで無理矢理に飛ばすことが可能になった。