· 

宮沢喜一は無能まったく才能が無い1

鈴木善幸首相とロナルド・レーガン大統領の会談において

 

「日米同盟関係の強化」

 

が確認された。

 

朝日新聞は1面で

 

「軍事的関係強まる」

 

と報道し、批判した。

 

朝日新聞に嫌われたくない宮沢喜一官房長官は

 

「同盟に軍事的意味合いは含まれない」

 

と発言した。

 

レーガン政権のみならず、アメリカの議会、外交関係者、安全保障関係者、軍事関係者、マスコミは

 

「軍事的意味合いの無い同盟などありえない!」

 

と激怒し、日本は強く批判され、西側世界で孤立しかけた。

 

外務大臣が辞任し、外務事務次官が辞表を出した。

 

安全保障に関心の薄い日本の世論でさえ鈴木善幸批判が噴出、支持率が急降下し、

 

求心力が無くなった鈴木善幸首相は辞職に追い込まれた。