· 

宮沢喜一は無能まったく才能が無い2

宮沢喜一首相は、1992年のアメリカ大統領選挙における共和党予備選挙で

 

現職のジョージ・H・W・ブッシュ大統領に対抗するパット・ブキャナンについて

 

「あんな人たいしたことないでしょ。」

 

と発言した。

 

しかしパット・ブキャナンは直後のニュー・ハンプシャー州での共和党予備選挙でトップになった。

 

パット・ブキャナンは「アメリカ・ファースト」、「バイ・アメリカン」を訴え、不景気のアメリカで人気を獲得した。

 

 

ジョージ・H・W・ブッシュは「冷戦で勝利」、「湾岸戦争で勝利」した「偉大な大統領」を主張したが、

不景気で経済重視の世論の動向を理解できていなかった。

 

 

ジョージ・H・W・ブッシュはその後の大統領選挙で、ビル・クリントンに敗れた。

 

ビル・クリントンも経済重視を訴えたのであった。

 

ジョージ・H・W・ブッシュは現職大統領有利の大統領選挙で敗れてしまった。

 

 

宮沢喜一はジョージ・H・W・ブッシュを信じていた。

 

しかしジョージ・H・W・ブッシュは所詮、「レーガン遺産」だけの人だった。