· 

ジョージ・H・W・ブッシュ1

ジョージ・H・W・ブッシュ政権の

 

国家安全保障担当大統領補佐官ブレント・スコウクロフトは

 

親中派だった。

 

 

 

ジェームズ・ベーカーの後を継いで国務長官になったローレンス・イーグルバーガーは

 

ユーゴスラビア紛争への軍事介入は危険と進言し、代わりにソマリアを提案した。

 

 

 

国務長官から大統領首席補佐官になったジェームズ・ベーカーは

 

主君を地獄に引きずりおろしたビル・クリントンに一目置かれていた。

 

 

 

ジョージ・H・W・ブッシュは大統領就任時は親イスラエルを謳っていたが、

 

ヨルダン川西岸入植のための銀行融資の保証人になることを断ったため、

 

イスラエルロビイストの執拗な攻撃を受け、イスラエルに関わることを嫌がるようになった。