· 

左翼マスコミとテロ2

1996年に発生したペルー日本大使公邸人質占拠事件。

 

1997年になってようやく解決した。

 

イギリス陸軍特殊空挺部隊SASの支援により、ペルー海軍特殊作戦部隊が日本大使公邸に突入し、犯人の左翼テロリストMRTAの全員をを射殺、人質を救出した。

 

 

TBSのNEWS23のキャスター筑紫哲也は

 

「犯行グループも犠牲者である!」

 

と主張した。

 

 

テレビ朝日のコメンテーターは

 

「ペルー政府と犯行グループの仲裁をした国際赤十字やカトリックに対する侮辱だ!」

 

と怒っていた。

 

 

日本の左翼マスコミは、自分たちと同じ左翼のテロを甘やかした。

 

そして左翼テロリストが射殺されたことに不満を表明した。

 

 

 

朝日新聞や毎日新聞は、犯人であるMRTAに身代金を渡し、キューバに引き受けさせるよう主張していた。

 

キューバがテロリスト支援国家として制裁される可能性が高いキューバにとって迷惑なだけの主張を繰り返した。