· 

平成の大事件シリーズ4

2003年の春、パナウェーブ研究所を名乗る集団が

 

日本各地を白のトヨタ・ハイエースに乗り移動しながら

 

白い服を着て勝手に検問を実施し、

 

「電磁波調査」

 

と言いながら無関係な車を止めて、何か調べていた。

 

パナウェーブ研究所は電柱にも登り、電線なども調べていた。

 

パナウェーブ研究所はスカラー波による電磁波攻撃を主張した。

 

 

パナウェーブ研究所の代表・千乃裕子は

 

「スカラー波で失禁攻撃を受け失禁した。」

 

と意味不明の主張をフジテレビに訴えた。

 

 

千乃裕子は大阪府箕面市の私立女子中学・高校を卒業している。

 

千乃裕子はその後、千乃正法会というカルト宗教的な団体を設立、信者のような会員を多数集めた。

 

パナウェーブ研究所は千乃正法会の関連団体である。

 

パナウェーブ研究所の施設内では2003年の夏に構成員が外傷性ショックで死亡している。

 

 

警察庁長官は「オウム真理教の初期に似ている。」と発言、

 

法務大臣も公安調査庁に調査させた。

 

 

マスコミはパナウェーブ研究所を

 

「白装束集団」

 

と表現し、頑なにパナという言葉を避け続けた。