· 

20世紀最強F-15イーグル戦闘機2

1968年、F-15戦闘機の開発が始まった。

 

マクドネル・ダグラスが開発・製造を担当した。

 

マクドネル・ダグラスは海軍、空軍で主力のF-4ファントムⅡ戦闘機も開発・製造しており次期主力戦闘機の開発にふさわしい会社だった。

 

接近しての格闘戦で敵を圧倒するハイパワーエンジンと機動

 

大型高性能レーダーによって遠距離からの空対空ミサイルを使用しての一方的勝利

 

の両立を目指した。

 

大型ハイパワーエンジンと大型高性能レーダーを搭載するため大型の機体になるが

 

それでも小回りが利いて他を圧倒する機動を実現した。

 

ユナイテッド・テクノロジーズの航空機エンジンブランド、プラット・アンド・ホイットニーが開発したF100-PW-100ターボ・ファン・エンジンはハイパワーと高燃費を実現した。

 

ヒューズが開発したAN/APG-63レーダー火器管制装置は全自動となった。

 

F-4ファントムⅡ戦闘機やF-14トム・キャット戦闘機は手動レーダーで、パイロット以外に兵器システム士官が必要となり複座(2人乗り)でなければ運用できなかった。