· 

無能の芸能人コメンテーター テレビジャーナリズム死亡

芸能人をコメンテーターに登用する最近のテレビのニュース番組。

 

教養も専門性も無い芸能人が問題を正確に捉えることはなく、まともなコメントをすることは少ない。

 

在日韓国人・朝鮮人の多い芸能界なので、芸能人は韓国の問題については、擁護するか、毒にも薬にもならないコメントに逃げる。

 

安全保障についても顔色を窺ったような無難なコメントか、ただの願望ばかりである。

 

専門家や学識経験者は、自分たちの常識を疑わず世の中を理解できてないことがあるので、

 

素人を使い素朴な疑問をぶつけてもらうという趣旨は分かる。

 

しかし芸能人コメンテーターの現状は、自らの地位を守りたいだけの保身しか見受けられない。

 

芸能人コメンテーターに求められているものとは程遠く、役に立っていない。

 

客寄せのために芸能人コメンテーターを使っている、と言うのなら仕方がない。

 

番組の中身で勝負せず見世物小屋で満足しているのなら、テレビジャーナリズムはもう死んでいる。