· 

初ステルス戦闘機F-22ラプターと予算

初ステルス戦闘爆撃機ロッキードF-117Aナイト・ホークに続いて

 

初ステルス戦闘機ロッキード・マーティンF-22Aラプターが開発された。

 

 

しかしアメリカ連邦議会やビル・クリントン政権、ジョージ・W・ブッシュ政権は

 

中国の脅威をあまり認識しなかった。

 

そのためF-22Aラプター戦闘機を

 

「冷戦が終わったので必要ない。」

 

と言い続けた。

 

 

合衆国空軍はF-22Aラプター戦闘機をF/A-22Aラプター戦闘攻撃機と名称を変えた。

 

合衆国空軍はF/A-22Aラプター戦闘攻撃機を制空戦闘だけでなく地上攻撃のも有効と言い始めた。

 

実際は制空戦闘は他を圧倒する性能であるが、地上攻撃はたいしたことがない。

 

連邦議会もジョージ・W・ブッシュ政権もF/A-22Aラプター戦闘攻撃機にあまり予算をつけなかった。

 

合衆国空軍はF/A-22Aラプター戦闘攻撃機をF-22Aラプター戦闘機に戻した。

 

合衆国空軍はF-22Aラプター戦闘機を制空戦闘のみの切り札に戻した。