· 

外務省で出世

外務省で、優秀だが厳しいうるさ型の人材は

 

情報調査局長/国際情報局長に回された。

 

情報調査局長/国際情報局長は名前だけの閑職だった。

 

局員はアジア大洋州局に比べかなり少ない。

 

 

 

外務省では長らく、駐米大使は論功行賞のためのポストだった。

 

外務事務次官の経験者のみが駐米大使になった。

 

アメリカに詳しくなくても駐米大使にされた。

 

駐米大使ということで、日本非難のテレビ番組などに出演することが多かったが

 

駐米大使は通り一遍の公式コメントを手短に言うのみで、

 

反日コメンテーターにやりたい放題にされた。