· 

才能が無い山口二郎 左翼のコネで暗躍

山口二郎・法政大学教授は北海道大学教授時代から民主党や社民党のブレーンとなり、

 

さらに田中真紀子氏など自民党左派のブレーンもつとめた。

 

山口二郎教授は1995年(平成7年)4月号の雑誌「Ronza」において、

 

「軍備というのは、永続的な秩序を守るためにそんなに役立つものでないという点について日本は、きちっと主張していく必要がある。」、

 

「安全保障とか秩序というものの構成要素がずいぶん変わったわけで、人間の存在にとっての脅威や、安全を脅かす要因として、軍事以外のものがはっきり見えてきた。」

 

と述べている。

 

軍事の脅威は今日も存在し、その脅威はさらに増している。この主張は外れた。

 

 

山口二郎教授は昔から全く才能がない。

 

明確な失敗をしているのに生き残り使われ続ける。

 

大学とマスコミが左翼に牛耳られていることの証左である。

 

左翼なら才能が無くても存在できる。

 

左翼は権力を振りかざし、自分たちの仲間身内だけを助ける。