· 

北朝鮮コマンド朝鮮系ゲリラからのドローン攻撃への対処

 

ウクライナに続き、サウジ・アラビアもドローンによる攻撃を受け甚大な被害を被った。

 

日本も重要防護施設へのドローン攻撃を考えておかないといけない。

 

 

北朝鮮・朝鮮人民軍の特殊部隊/コマンド、北朝鮮の金正日政治軍事大学への留学経験者が主導する在日北朝鮮ゲリラ部隊、北朝鮮の朝鮮労働党が指揮する工作員、北朝鮮の影響下にある左翼集団、朝鮮系集団、便乗する左翼過激派などが存在する。

 

 

 

 

重要防護施設に

 

短距離地対空、

 

近接防御地対空ミサイル、

 

対空機関砲AAA、

 

携帯型地対空ミサイルMANPADS

 

などの適切な配備が必要となる。

 

 

 

ドローンへの電子妨害ECM/電子攻撃EAと、

 

ドローン搭載の電子妨害/電子攻撃機能による攻撃から自衛する対電子妨害ECCM/電子防御EP

 

が重要であるが

 

電波管理を受け持つ総務省はテレビ、ラジオ、携帯電話など民生利用の電波のことばかり考えて

自衛隊の電波使用に無理解で許可がなかなか下りない。

 

総務省は技術の進化、時代の変化を考慮して事態への対処を進めなければならない。