· 

安全保障に興味がないマスコミ知識がないから利用される

ロッキード・マーティンのF-35ライトニング戦闘機が初飛行したころ、

 

ロッキード・マーティンは日本を含めた全世界に広報を積極的に始めた。

 

テレビ東京もロッキード・マーティンを訪れF-35ライトニング戦闘機を取材した。

 

テレビ東京のニュースでは

 

「F-35戦闘機は無人戦闘機としても運用できるとされています。」

 

と報道した。

 

しかしそれはロッキード・マーティンのひとつの計画に過ぎずなかった。

 

ロッキード・マーティンのF-35ライトニング戦闘機の無人戦闘機化の計画は

 

F-35ライトニング戦闘機のコックピット部を全部燃料タンクにするという開発に多大な予算が必要なものでだった。

 

コックピット部の燃料タンク化をせず、現状のままで無人戦闘機としてする場合も遠隔操作や自立運用には多大な予算が必要である。

 

計画だけでロッキード・マーティン内ですら予算化は全くされておらず、アメリカ国防省、海軍、空軍、海兵隊も構想を聞いてるぐらいの状態で、F-35ライトニング戦闘機を無人戦闘機にすることは可能だが実現性はまだまだ低い時期だった。

 

テレビ東京はロッキード・マーティンの一方的な主張を垂れ流した。

 

テレビ東京は安全保障に興味がなく知識がないからロッキード・マーティンに利用されてしまった。

 

今も日本のマスコミは右からも左からも利用されやすい状況である。