· 

航空自衛隊と近代化1

1977年に国防会議で導入が決定し、1980年から導入されたマクドネル・ダグラスF-15J/DJイーグル戦闘機。

 

 

マクドネル・ダグラスF-15J/DJイーグル戦闘機は

 

初飛行1972年、

 

自重12973kg、

 

総重量20244kg、

 

最大重量30845kg、

 

推力105,7kN×2。

 

 

 

225機の導入が計画された。(200機に縮小、総生産数は213機)。

 

 

F-15J/DJ戦闘機は1981年に西部航空方面隊の新田原基地に第5航空団隷下に「F-15臨時飛行隊」が結成され配備されたのをはじめに、

 

第202飛行隊に続いて配備され、

 

1984年に第2航空団隷下に第203飛行隊へのF-15J/DJが配備されたことでF-104Jの更新を完了、

 

 

第204飛行隊(茨城県・百里基地)、第305飛行隊(石川県・小松基地)、第304飛行隊(福岡県・築城基地)と配備が続いていった。