· 

親中のアメリカ民主党 反日のあまり中国を友好国と勘違い

1977年から1980年までカーター大統領の特別補佐官をつとめたコロンビア大学教授のズビグニュー・ブレジンスキー。

 

ズビグニュー・ブレジンスキーはアメリカ民主党の安全保障・外交・軍事政策に大きな影響力を持った。

 

ズビグニュー・ブレジンスキーはアル・ゴア民主党大統領候補、ジョン・ケリー民主党大統領候補、バラク・オバマ大統領の外交顧問、外交ブレーンとして中国との関係強化、日本封じ込めを主張した。



ズビグニュー・ブレジンスキーは、世界有数の外交論文集である「フォーリン・アフェアーズ」誌の1997年9/10月号に、「ユーラシアの地政学」という論文を発表している。

そこでは、

「とりわけ重要なのが、NATO,米国とさらには中国とのパートナーシップの形成であり、これを軸にロシア、中央アジア、日本との安定的共存を図っていかなければならない。」、

「核戦力を別とすれば、中国が自らの地域を越えてその軍事的影響力を行使する能力をもつことは当面ありえない。」、

「日本は極東における米国の不沈空母であってはならない。日本はアジアでの米国の主要パートナーであってはならない。」、

「(日本を)地域大国になろうとする試みを回避させる方向へ向かわせる。」、


「日本がグローバルな影響力を手にすることができるのは、地域大国になりたいという望みをおさえた場合だけである。」

と主張、

 

日本の大国化に反対し、日米同盟も否定するなど反日、嫌日の姿勢を強調し、中国をNATOと同列のパートナーとする構想を主張している。


 もう90年代後半になのに、異様な反日である。

 

 

ズビグニュー・ブレジンスキーはカーター政権の特別補佐官として日米原子力協定を改訂し、日本への原子力燃料輸出停止を主張していた。

 

 

ズビグニュー・ブレジンスキーは反日のあまり中国を友好国と勘違いし続けた。

 

第2次世界大戦から頭の中が同じで、時代の変化を察知できず反日を続けた。

 

頑固な反日の人間が出現しても仕方ないが、アメリカ民主党はこんな老害化石の反日をいつまでも外交顧問として崇め続け中国をつけあがらせ、アメリカの国家安全保障を危機に陥らせた。

 

アメリカ民主党は安全保障に関して根本的にセンスがない。