· 

航空自衛隊と近代化4

2000年、第3飛行隊に

 

三菱重工業F-2支援戦闘機(ロッキード・マーティンF-16SX-3)

 

が配備された。

 

 

 

三菱重工業F-2支援戦闘機(ロッキード・マーティンF-16SX-3)は

 

自重9527kg、

 

離陸最大重量22100kg、

 

推力131,2kN×1

 

である。

 

戦闘機としては世界初となるアクティブ・フェイズド・アレイ・レーダーのJ/APG-1を搭載、

 

機体も炭素繊維を大幅に使用した。

 

 

第6飛行隊も2005年にF-2支援戦闘機に機種更新された。

 

第8飛行隊はF-1からF-4EJ改に機種更新されたあと2009年にF-2支援戦闘機が導入された。