· 

立憲民主党れいわ新選組と北朝鮮

 

立憲民主党の菅直人の資金管理団体「草志会」は

 

北朝鮮と関わりの深い政治団体「政権交代を目指す市民の会」へ、

 

2007年、2008年、2009年に合計6250万円が献金している。

 

 

金がないのに6250万も寄付している菅直人。

 

菅直人と北朝鮮と関わりの深い政治団体「政権交代を目指す市民の会」はよっぽどつながりが深い。

 

 

 

「政権交代を目指す市民の会」は「市民の党」に資金を供与している。

 

資金を供与しているというよりほぼ同一の団体で、金を互いに融通している。

 

 


「市民の党」から東京都三鷹市議選に立候補した森大志は、

 

よど号ハイジャック事件の犯人・田宮高麿が父で、

 

日本人拉致事件容疑者で指名手配中の森順子が母である。

 

 

よど号ハイジャック事件関係者の手引きで、北朝鮮からやって来た森大志は日本の公安当局が常にマークしている人物である。

 

 

国際指名手配の森順子は北朝鮮に忠誠を尽くす北朝鮮エージェントで、

 

その息子の森大志は母・森順子の影響下にある。

 

 

北朝鮮と密接な関係の「市民の党」創設者で「市民の党」代表の斎藤まさし。

 

斎藤まさしは「れいわ新選組」のブレーンである。

 

 

「立憲民主党」と「れいわ新選組」という日本の野党に影響力を持っている北朝鮮。