· 

CIA軍事部門

CIAの軍事部門はベトナム戦争後に規模は縮小されていたが

 

民主党クリントン政権が公式に復活させたので規模も大きくできるようになった。

 

1997年に復活が決定され1999年にはまともな組織として成立している。

 

CIAの軍事部門のCIA特殊作戦群は合衆国陸軍特殊部隊群(グリーンベレー)の特殊部隊員などからスカウトされる。ノースカロライナ州フォート・ブラッグ、ケンタッキー州フォート・キャンベル、ジョージア州フォート・ベニングなど陸軍部隊拠点の周辺で人材を見つける。2001年の同時多発テロ直後で気が動転し冷静さを欠いたアメリカで、CIA特殊作戦群要員にも関わらずアフガニスタンでの戦死者第1号として美化され気味に報道された。

 

その後しばらくアフガニスタンで、CIAの軍事部門がRQ-1プレデター無人偵察機をAGM-114ヘルファイア対戦車ミサイルを発射できるように改造し、アルカイダの車両やタリバンの戦闘車両を攻撃している。RQ-1プレデター無人偵察機は後にMQ-1プレデター無人多任務機としてAGM-114ヘルファイア対戦車ミサイル、500ポンド誘導爆弾を運用できるようになるが、CIAの軍事部門はそれよりだいぶ早く無人偵察機を攻撃任務に充てていた。