· 

才能が皆無の朝日新聞 言うことすべてが外れる

朝日新聞は

 

1994年1月10日の社説「防衛大綱見直しは広い視野で」において

 

ソ連という脅威がなくなったなか、

 

北朝鮮や中国の脅威を

 

「大きな脅威として騒ぎ立てるのは感心できない。」

 

と、現実逃避的な主張をしている。

 

そして、日本とアメリカが

 

「率先して軍縮を主導することが必要だ。」

 

と、国際情勢を無視した提言を続けている。

 

そして、外からの脅威も内乱も可能性が低いとして自衛隊ではない

 

「国連協力の別組織」

 

を訴えている。

 

 

才能が無いなら黙るか、言った以上責任をとるべきである。