· 

ハーバード大学ラムザイヤー教授に嫌がらせする韓国人と韓国系アメリカ人1移民を利用した反日戦略

ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授は従軍慰安婦の強制連行説、性奴隷説を全否定し自発的な売春婦であるという学術論文を発表した。

 

韓国人と韓国系アメリカ人はハーバード大学や論文掲載誌、マーク・ラムザイヤー教授に常軌を逸した嫌がらせをし続けている。

 

韓国人と韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人は自分たちの気に入らない全ての事象に、暴力の恐怖も伴う異常な嫌がらせをすることを恒常化させている。

 

韓国人と韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人は自分たちが批判されると異様なまでに「差別だ!」と騒ぎ、暴力の恐怖も伴う異常な嫌がらせをすることを恒常化させる。

 

韓国人と韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人は事情がよくわかっていない各国の左翼マスコミを利用し、自分たちの気に入らない全ての事象を握りつぶそうとし、自分たちの気に入らない全ての人間を社会的に貶め抹殺しようとし、自分たちに対する批判を差別とし批判者を差別者とすり替え批判者を精神的に追い込み二度と批判できないようにしようとしている。

 

大多数のまっとうなアメリカ人、ヨーロッパ人は、韓国人と韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人による暴力の恐怖も伴う異常な嫌がらせに辟易し恐怖を感じている。

 

大多数のまっとうなアメリカ人、ヨーロッパ人は韓国人と韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人に対する批判を控え、韓国人と韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人の主張に逆らえない状況に追い込まれている。

 

韓国政府の韓国国民、韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人を利用した全世界に対する情報戦、世論戦が成功の方向に進んでいる。

 

韓国政府は韓国国民と韓国出身の移民である韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人の洗脳に成功しており便利な駒として国家戦略、国家安全保障に活用している。

 

アメリカ人、ヨーロッパ人は常識の範囲内で生きており韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人が自分たちと全く違うということにあまり気づいていない。

 

アメリカ人、ヨーロッパ人は自分で考え自分で判断して生きている。しかし韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人が韓国政府に操られる洗脳バカである。

 

アメリカ人、ヨーロッパ人は韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人が韓国政府に操られる洗脳バカであるということに気づかない。

 

ほとんどの移民は出身国と縁を切り、移民先の国に骨を埋めるべく郷に入りては郷に従えで生きていく。移民先の国に愛国心を持つようにする。

 

しかし韓国系移民は出身国である韓国に愛国心を示し韓国政府に忠誠を尽くすようになっている。

 

アメリカ人、ヨーロッパ人は自分たちの常識で生きてきたので、韓国系移民が韓国本国、韓国政府に忠誠を尽くすとは思っていない、思えない。アメリカ人、ヨーロッパ人は韓国系移民の暴力の恐怖も伴う異常な嫌がらせが韓国本国、韓国政府の意向であると思えない、信じたくない。

 

アメリカ人、ヨーロッパ人のなかには、韓国系移民が恐怖まで伴う異常な嫌がらせするということ、そこまでするということはよっぽど怒っているので韓国系移民の言うことが正しいのではないか、と錯覚する人も出てくる。

 

いずれにせよアメリカ人、ヨーロッパ人が、韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人を怒らせないために韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人に屈服してしてしまうことが出てきている。

 

韓国政府の韓国国民、韓国系アメリカ人、韓国系ヨーロッパ人を利用した全世界に対する情報戦、世論戦が成功の方向に進んでいる。