· 

中国に厳しいブリンケン 左翼に狙われる

アントニー・ブリンケン国務長官は中国に厳しく対応している。

 

国防長官の最有力候補だったミシェル・フロノイは

 

民主党の左翼勢力や黒人運動集団BLMはミシェル・フロノイの国防長官就任に強硬に反対した。

 

民主党左翼勢力、BLMは共産主義かぶれで、中国を共産主義であると勘違いし中国を信奉しがちである。中国は民主党左翼勢力、BLMとつながり影響力を行使している。

 

ジョー・バイデン大統領は民主党左翼勢力、BLMの影響力に屈しミシェル・フロノイを国防長官に指名することを諦めた。

 

国防長官には中東を管轄するアメリカ軍中央軍司令官だったロイド・オースティンが指名された。

 

ロイド・オースティン国防長官は中東だけにたずさわりアジア太平洋に疎く、中国を受け入れる発言をしていた。

 

アントニー・ブリンケン国務長官は現在は中国に厳しい。

 

しかし民主党左翼勢力、BLMはアントニー・ブリンケン国務長官に反発している。

 

現在は民主党左翼勢力、BLMを抑えられているがいつ反撃が始まってもおかしくない。

 

アントニー・ブリンケン国務長官はミシェル・フロノイのようになる可能性がある。

 

アントニー・ブリンケン国務長官は対中強硬政策を咎められ軟化させられたり、任期途中での辞任なども考えられる。

 

民主党左翼勢力、BLMや親中派がいつまで大人しくしてられるか、ジョー・バイデン大統領が耐えきれるか。