日本の国家安全保障2000年代 26

第1節    平成17年防衛計画の大綱における防衛力

 

 

 

第1項    陸上自衛隊 12

 

 

 

 

方面隊の防空として

 

 

第1高射特科群、

 

第2高射特科群、

 

第3高射特科群、

 

第4高射特科群、

 

第5高射特科群、

 

第6高射特科群、

 

第7高射特科群、

 

第8高射特科群

 

 

がある。

 

 

 

高射特科群の装備に、

 

 

三菱電機 03式中距離地対空誘導弾(アクティブ・レーダー誘導)、

 

レイセオン/三菱電機/東芝 MIM-23改良ホーク地対空誘導弾(セミ・アクティブ・レーダー誘導)

 

 

が導入されている。

 

 

 

 

03式中距離地対空誘導弾はレイセオン/三菱電機/東芝 MIM-23改良ホーク地対空誘導弾を更新するものとされていた。

 

 

03式中距離地対空誘導弾は当初、1年につき0,5個群(2個中隊)の配備予定で、

 

8個高射特科群のMIM-23改良ホーク地対空誘導弾を約16年前後をかけてゆっくりと置き換える予定されていたが、

 

次第に1年につき0,25群(1個中隊)の配備に変更され当初予定から配備数が半減、03式中距離地対空誘導弾の配備がほとんど進まなかった。

 

 

配備が進まない03式中距離地対空誘導弾、防空能力を高めるため03式中距離地対空誘導弾(改)の開発が進められた。

 

03式中距離地対空誘導弾(改)は、コスト削減とともに、巡航ミサイル・空対地ミサイル対処能力を高めている。

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村