日本の国家安全保障ブログ

第2節 東アジア各国の戦力 中国   1990年代  3 中国人民解放軍海軍の航空部隊は戦闘機、攻撃機が主力であり、日本のように対潜哨戒機を重視している国とは傾向が違う。 最新鋭の装備は西側陣営のF-15イーグル戦闘機に対抗するために旧ソ連が開発した スホーイSu-27戦闘機...
第2節 東アジア各国の戦力 中国   1990年代  2 チャンウェイⅡ JIANGWEI Ⅱ型フリゲートは 1番艦が1998年に就役し、 10隻が建造されている。 満載排水量2250トン、 ディーゼル推進、 兵装は 100mm単装砲1基、 37mm連装機銃4基、 YJ-1艦対艦ミサイル8発、 HQ-1短距離艦対空ミサイル8発、...
第2節 東アジア各国の戦力 中国   1990年代  1  中国の軍事力は、人民解放軍、人民武装警察、民兵からなり、人民解放軍は中国共産党が指導する軍隊となっている。...
第1節 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍 1990年代 19 合衆国空軍太平洋空軍は東西には東太平洋から西太平洋、インド洋、そして南北には北極から南極まで担当する。 太平洋空軍(司令部・ヒッカム空軍基地、現パール・ハーバー-ヒッカム統合基地)には、 戦闘航空団、混成航空団、輸送航空団で構成される第5空軍(東京都横田基地)、...
第1節 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍 1990年代 18 同様にデュアル・ロール戦闘機に ロッキード・マーティンF-16A/Bブロック15戦闘機、 ロッキード・マーティンF-16C/Dブロック25/30/32/40/42/50/52ファイティング・ファルコン戦闘機 (初飛行1974年、  F-16A/B実戦配備1979年、...
第1節 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍 1990年代 17 制空任務、爆撃任務をこなすデュアル・ロール戦闘機として開発された ボーイング(旧マクドネル・ダグラス) F-15Eストライク・イーグル戦闘爆撃機 (初飛行1986年、実戦配備1988年、自重14379kg、推力129kN×2)。...
第1節 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍 1990年代 16 F-15イーグル戦闘機の後継の制空戦闘機として開発されたのが F-22Aラプター戦闘機 である。 1989年のパナマ侵攻を初陣にアメリカの係わる戦闘においてなくてはならない存在となった ロッキード・マーティンF-117ナイト・ホーク戦闘爆撃機...
第1節 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍 1990年代 15  合衆国空軍は「グローバル・パワー、グローバル・リーチ」がスローガンで、装備の数、質ともに世界最高水準の空軍である。  合衆国空軍の爆撃航空団は、戦略爆撃だけでなく戦術爆撃もおこなうようになった。...
第1節 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍 1990年代 14 東アジア、西太平洋、インド洋を担当する第7艦隊には 1986年にタイコンデロガ級巡洋艦CG-52「バンカー・ヒル」、 1987年にCG-53「モービル・ベイ」が配備された。...
立憲民主党の有田芳生 が 落選した。 比例で落選 なので よっぽど人気が無い、 日本人に相手にされてない 表舞台から出ていけ と言われていることになる。 有田芳生の 在日コリアン差別になるから北朝鮮を批判するな 北朝鮮と朝鮮総連に忠誠を尽くす という政策・主張は 表舞台、政治の世界では影響力が少し減った。 しかし有田芳生は...

さらに表示する