日本の国家安全保障ブログ

第7章 東アジア各国の戦力   第1節 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍 1990年代 1 アメリカ合衆国軍は世界各地に展開しており、地域コマンドとして 欧州軍、 太平洋軍、 中央軍、 南方軍、 があった。...
航空自衛隊 1995年 新・防衛計画の大綱における防衛体制2 支援戦闘機部隊は3個飛行隊のまま維持された。 ただでさえ少ないものを削減しようが無かった。 第8飛行隊(青森県・三沢基地)はF-1からF-4EJ改に機種更新された。 第3飛行隊は...
航空自衛隊 1995年 新・防衛計画の大綱における防衛体制1 旧・防衛計画の大綱に定められていた航空警戒管制部隊は 28個群 から 8個群・20隊 と大きく削減された。 自動化が進んだこともあるが、正当な削減理由が提示されていない。 飛行隊には E-2Cホーク・アイ早期警戒機に加え、...
海上自衛隊 1995年 新・防衛計画の大綱における防衛体制2 掃海部隊も2個掃海隊群から1個掃海隊群に半減された。 このあいだ、 潜水艦を狙う深深度敷設機雷の処分用に導入された MSO-301「やえやま」を1番艦とする やえやま級掃海艦 が1993年から1994年に3隻導入されている。 また、 老齢化した掃海母艦と機雷敷設艦の代替に...
元朝日新聞記者で現在も朝日新聞GLOBE+で連載を続けるなど 朝日新聞と密接な関係にあり 朝日新聞の代理人として 有力な朝日新聞言論人となった成川彩。 元朝日新聞の成川彩は2021年5月に韓国・中央日報でコラムを発表した。 【コラム】日本、韓国「反日」現象の誤報・誇張が依然として多い(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース...
海上自衛隊 1995年 新・防衛計画の大綱における防衛体制1 新・防衛計画の大綱でも、シー・レーン防衛、機動運用に当たる4個護衛隊群は維持された。 このあいだにイージス護衛艦4番艦DDG176「ちょうかい」が竣工し、4個護衛隊群すべてにイージス艦が配備され、艦隊防空は飛躍的に高く保たれることとなった。...
沖縄タイムスは4月25日、 「警戒対象は? 宮古陸自 警備に小銃を装備 住民抗議 説明求める」 警戒対象は? 宮古陸自 警備に小銃を装備 住民抗議 説明求める | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス (okinawatimes.co.jp) という記事を配信した...
陸上自衛隊 1995年 新・防衛計画の大綱における防衛体制2 北海道の部隊には、その地形特性を考慮して機械化が以前と同様に優先して進められ、 60式装甲車の更新、73式装甲車の後継として、イニシャル・コスト、ランニング・コストに優れる装輪(タイヤ式)の小松製作所96式装輪装甲車が配備されていった。...
陸上自衛隊 1995年 新・防衛計画の大綱における防衛体制 1 編成定数は16万人とされ、 常備自衛官定員は14万5千人、即応予備自衛官は1万5千人とされた。 若年人口の減少とたえず90%にとどまる充足率の陸上自衛隊の実状に合わせるとともに、 危機が低下したとの認識のもとに旧・防衛計画の大綱の編成定員18万から大幅に削減される一方、...
支援戦闘機部隊は3個飛行隊とされた。 当初は、F-86Fセイバー戦闘機であったが、 1977年から三菱重工業F-1支援戦闘機 (初飛行1975年、自重6550kg、推力32,46kN×2) に更新されていった。 第3飛行隊(青森県・八戸基地)、 第6飛行隊(福岡県・築城基地)、 第8飛行隊(宮城県・松島基地)に配備され、...

さらに表示する