日本の国家安全保障ブログ

第2章 東アジア各国の戦力 北朝鮮   2000年代 2 また北朝鮮 は、 日本、 韓国、 グアム で 工作員 を 浸透させ、 朝鮮人民軍の特殊部隊/コマンド部隊 の 投入を計画している。 人民武力省総参謀部 のもとに 特殊軍団(旧・第8軍団)、 偵察局(8個特殊部隊) がおかれ、 指揮 は 軽歩兵教導指導局、 労働党35室(対外調査部) が 執る。 特殊軍団...
第2章 東アジア各国の戦力 北朝鮮   2000年代 1 北朝鮮は弾道ミサイル開発と核開発に力を入れている。 北朝鮮は1980年代半ばまでに、 ソ連の開発したスカッド弾道ミサイルを改良した スカッドBミサイル、 スカッドCミサイル を 配備、 韓国と日本の本州西部、九州北部の脅威となってきた。 1992年 には 射程距離1300km の ノドン1号...
立憲民主党が選挙で勝っている。 立憲民主党 の 前身 民主党 は 議員の50%がソ連と北朝鮮を支持した社会党出身 事務局の90%がソ連と北朝鮮を支持した社会党出身 で マニフェスト に 「東アジアに国家主権を移譲する」 と 左翼らしく 日本という国家を崩壊させ 中国、韓国、北朝鮮に肩入れする 異常思考、左翼の政党だった。 異常思考の左翼の民主党 の...
第1章 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍(現・インド太平洋軍)  2000年代 38 合衆国戦略軍 合衆国の核戦略を担うのは 合衆国戦略軍 (U.S.STRATCOM:United States STRATegic COMmand) である。 合衆国戦略軍は陸軍、海軍、空軍、海兵隊の4軍の戦略部門を統合するものである。...
第1章 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍(現・インド太平洋軍)  2000年代 37 合衆国空軍 9 合衆国空軍太平洋空軍 東太平洋から西太平洋、インド洋、 そして 北極から南極 まで担当する。 太平洋空軍 (司令部・ヒッカム空軍基地、現パール・ハーバー-ヒッカム統合基地) には、 戦闘航空団、混成航空団、輸送航空団 で構成される...
第1章 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍(現・インド太平洋軍)  2000年代 36 合衆国空軍 8 一方で、 対テロ戦争、 イラク戦争 の影響 で ロッキード・マーティン F-16C/Dファイティング・ファルコン戦闘機 を 配備する航空団 が、 対戦車攻撃、 対車両攻撃、 対人攻撃 と 能力の限られる 小型 で 非ステルス の...
第1章 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍(現・インド太平洋軍)  2000年代 35 合衆国空軍 7 マクドネル・ダグラス F-15A/B/C/Dイーグル戦闘機 の 後継 は、 ロッキード・マーティン F-22Aラプター戦闘機 となったが、 ロッキード・マーティン F-16C/Dブロック40/42ファイティング・ファルコン戦闘機、...
第1章 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍(現・インド太平洋軍)  2000年代 34 合衆国空軍 6 デュアル・ロール戦闘機 に ロッキード・マーティン F-16A/B/C/Dブロック1/5/10/15/30/32/40/42/50/52ファイティング・ファルコン戦闘機 がある。...
第1章 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍(現・インド太平洋軍)  2000年代 33 合衆国空軍 5 ロッキード・マーティン F-117Aナイトホーク戦闘爆撃機 は、 世界初 の 本格的ステルス航空機 である。 原型ハヴ・ブルー初飛行1977年、 F-117A初飛行1981年、 空虚重量13380kg、...
第1章 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍(現・インド太平洋軍)  2000年代 32 合衆国空軍 4 ロッキード・マーティン F-22Aラプター戦闘機 は 空対空任務の場合、 AIM-120C/D先進中距離空対空ミサイル 6発、 AIM―9Mサイドワインダー短距離空対空ミサイル 2発、 M61A2バルカン20mm機関砲 1基、...

さらに表示する