安全保障ブログ

安全保障ブログ · 07日 4月 2020
民主党のバラク・オバマ大統領政権で副大統領だったジョー・バイデン。 ジョー・バイデンは次期アメリカ大統領選挙に立候補する予定で 民主党の予備選挙で活動中である。 ジョー・バイデン大統領候補は 「中国に出し抜かれる?連中は悪い手合いではない。」 「我が国の競争相手では無い。」 「中国は共産党内の争いが大変なので外国に構う余裕なんかない」...
安全保障ブログ · 04日 4月 2020
ソ連、東ヨーロッパで共産主義・社会主義が失敗した。 中国も共産党独裁だけは続いているが共産主義・社会主義でもない凶悪醜悪迷惑な自国中心主義になった。 北朝鮮は共産主義・社会主義として失敗し金王朝になった。 筑紫哲也の憧れた共産主義・社会主義はことごとく失敗した。 筑紫哲也が憎悪する自民党・官僚制政治は生き延びて続いた。...
安全保障ブログ · 01日 4月 2020
ダチョウ俱楽部の寺門ジモンはガンマニアでエアガンを蒐集している。 ダチョウ俱楽部の寺門ジモンはたまに自分の所有しているエアガンをテレビで公開することがある。 しかしダチョウ俱楽部の寺門ジモンはエアガンを自慢げに見せびらかした後、 「戦争はいけません!」 などと最後に付け加えて平和主義者ぶる。...
安全保障ブログ · 29日 3月 2020
朝日新聞の記者だった筑紫哲也。 朝日新聞ワシントン支局長だった筑紫哲也は米中国交正常化・米中接近について 「ニクソンはアメリカの旅行ツーリスト業界から支持を得て再選を狙っているのではないか?」 と日本のマスコミのワシントン特派員の会合で発言して失笑された。 朝日新聞の雑誌「朝日ジャーナル」編集長時代、...
安全保障ブログ · 26日 3月 2020
ソ連を封じ込める駒として中国を手を結ぶことを考え付いたリチャード・ニクソン大統領。 リチャード・ニクソン大統領の考えをまとめたのはマイケル・ピルズベリーである。 しかしリチャード・ニクソンは中国とは外交で手を結ぶだけ、アメリカと中国が連携して衝突をしないことによって戦力を対ソに向ける、くらいまでしか考えてなかった。...
安全保障ブログ · 22日 3月 2020
共産党中央委員で元参議院議員の辰巳孝太郎(たつみコータロー)がTwitterで 「安倍を退陣させるだけでは不十分であり、しかるべき場所(牢獄)へと送り込まなければならない。そしてこの間この腐りきった権力を支えてきた政官法財学メディアの面々をリストアップし、処断せねばならない」 とリツイートした。...
安全保障ブログ · 19日 3月 2020
立憲民主党の蓮舫は、立憲民主党の党首選に立候補したとき 「私は保守。」 と演説している。 しかし立憲民主党の蓮舫は、 立憲民主党の党首選で安全保障に力を入れることに反対、消極的姿勢を明言し 以前もその後も防衛力の増強、防衛費の増加を断固拒否している。 左翼や自称リベラルが国民にバカにされ劣勢になっているから...
安全保障ブログ · 16日 3月 2020
ソ連が崩壊し、共産主義・社会主義の失敗が明らかになった。 日本の左翼、社会党、共産党や泡沫左翼の系譜を支持していた人間の失敗と責任を追及しなかった日本。 社会党、共産党、泡沫左翼の支持者はリベラルを自称するようになり共産主義、社民主義を支持していた事実の隠蔽に成功した。...
安全保障ブログ · 10日 3月 2020
ヨーロッパが落ちぶれて久しい。 しかし以前のヨーロッパは自国の目先の利益だけではなく安全保障、人権、環境に力を入れ世界各国から尊敬されていた。 だが今のヨーロッパは中国にどっぷりとはまり、中国に媚びて中国の機嫌が悪くなることはしなくなった。...
安全保障ブログ · 07日 3月 2020
ソ連崩壊で勝利に酔いしれたアメリカは ステルス戦略爆撃機のノースロップB-2Aスピリット爆撃機の調達を21機で打ち切ってしまった。 ソ連は消滅し、中国は弱小、と世の中を、国際情勢を舐めたアメリカ。...

さらに表示する