· 

現代日本の安全保障とマス・メディア31

第1節 東アジア各国の戦力 アメリカ合衆国太平洋軍 1995年-2017年7

 

オリヴァー・ハザード・ペリー級フリゲートは、

満載排水量4100トン、

1番艦FFG-7オリヴァー・ハザード・ペリー1982年就役、

ガス・タービン推進、

兵装は

Mk13単装ミサイル発射機に40発(RIM-66スタンダードMRミサイル艦対空ミサイル、RGM-84ハープーン艦対艦ミサイル搭載)、

Mk32 324mm短魚雷発射管2基にMk46魚雷6発搭載、

Mk75 76mm単装砲1門(OTOメララ・コンパクト砲)、

Mk15ファランクス20mmバルカン機関砲近接防御武器システム1基で、

搭載ヘリコプターはシコルスキーSH-60Bシー・ホーク/SH-60Fオーシャン・ホーク哨戒ヘリコプター2機である。

太平洋艦隊には15隻配備されている。

最近は密輸取り締まり、対テロのためMk13ミサイル発射機に代えてMk38 25mm機関砲を装備している艦も多い。

しかし、就役から時間がたち、退役、予備艦隊移転、海外売却が進み、2014年会計年度いっぱいで全艦退役することになった。(注9)

 

 

オリヴァー・ハザード・ペリー級フリゲートの事実上の後継は、LCS(沿岸戦闘艦)である。ロッキード・マーティン提案マリネット・マリーン造船所建造のフリーダム級LCS(1番艦LCS-1フリーダム)と、オースタルUSA提案ゼネラル・ダイナミクス・バス・アイアン・ワークス建造のインディペンデンス級LCS(1番艦LCS-2インディペンデンス)が採用されている。

 

 

フリーダム級沿岸戦闘艦は、

満載排水量3354トン、

1番艦LCS-1フリーダムは2008年就役、

ガス・タービン、ディーゼル推進、

兵装はMk110 57mm砲1基、

Mk46 30mm機関砲2基、

シーRAM回転飛翔体ミサイル近接防御艦対空ミサイル11発で、

搭載航空機はヘリコプター2機もしくはヘリコプター1機および無人航空機3機である。

 

 

インディペンデンス級沿岸戦闘艦は、

満載排水量2841トン、

1番艦LCS-2インディペンデンスは2010年就役、

ガス・タービン、ディーゼル推進、

兵装はMk110 57mm砲1基、

シーRAM回転飛翔体ミサイル近接防御艦対空ミサイル11発で、

搭載航空機はヘリコプター1機および無人航空機3機、またはヘリコプター2機である。